HOME >> 化粧品が肌に合わない時のサインとは

化粧品が肌に合わない時のサインとは

化粧品が肌に合わないこともあるかも知れません。 そのような時、どのようにして分かるのでしょうか。 まず肌がピリピリすることがあります。 これは、肌が必要以上に刺激を受けてしまっていることを示します。

また肌がひりつくこともあります。 この時はすぐに顔を洗い、化粧品を洗い流して下さい。 目や口が腫れることもあります。 すぐにおさまらない場合は病院に行くのをお勧めします。

ニキビやかぶれが生じることもあります。 この場合も病院に行って下さい。 肌がかゆくなることもあります。 この場合は掻いてしまうと肌を傷付けてしまうことがあるので顔を洗い、化粧品を落とすことが大切です。

化粧ののりが悪くなるのも、その化粧品が肌に合っていないしるしです。 のりが悪いからと言って何度も化粧品を塗り重ねると不自然な仕上がりになってしまいますし、その場合は使用をやめるようにして下さい。 勿論、これらの状態になっても一時的なものかも知れません。 しかしよく肌の様子を見て、自分の肌に合ったものを使うようにして下さい。