HOME >> 化粧品が合わない際はメーカーなどに

化粧品が合わない際はメーカーなどに

化粧品が肌に合わず、肌が荒れてしまった場合は、まず化粧品の使用をやめ、かぶれやピリピリする感触などがなかなか終わらない場合は皮膚科に行くようにして下さい。

また、化粧品に関しては、メーカーのお客様相談室に問い合わせると返品できたり、今残っている分を買い取ったりしてくれることもあります。 化粧品での肌荒れを防ぐには、試供品を使うことが大切です。 その化粧品が肌に合わず、赤くなったり、痒みができてしまったりしたらその化粧品を買わなくて良くなります。

しかし、試供品では肌に問題がなくても、しばらく使っている内に肌にトラブルが出てくることもあります。 そのような場合は、メーカーに問い合わせなくても、体など、顔以外の場所に使うとトラブルがない場合があります。 特に、美容液は、ハンドクリームやかかと用クリームに使っている方もいらっしゃいます。

選んだ化粧品が肌に合うのが一番ですが、以前は合っていても加齢や、肌質の変化などで化粧品が合わなくなることもあります。 そのような時はメーカーに問い合わせたり、体の他の部位に使ってみたりしてみましょう。